トレーニング器具の選び方・FAQ

まずどの器具を購入したら良いか?

全身を鍛える上で主な種目となるのは、体幹系のフリーウエイト種目であるスクワット、ベンチプレス、デッドリフトです。
したがって、自宅にホームジムを作ろうと考えている場合は、これらの種目を行うことができるトレーニング環境を整えていくことが望ましいといえます。

これらの種目に加えて、より多くの種目を行いたい場合は、最終的に【パワーラック】+【バーベル・ダンベルセット】+【トレーニングベンチ】を購入して後は必要に応じて追加していく方法がおすすめです。

少しずつ購入していきたいという場合は、最終的にパワーラックを設置することを念頭に揃えていくようにして下さい。
まずはダンベルセットとトレーニングベンチを購入するのが良いでしょう。
トレーニングベンチは、より多彩な種目を扱うことが出来るインクラインベンチ等の可変式ベンチがおすすめです。

プレスベンチやスクワットスタンド等はパワーラックと種目が被るため、パワーラック購入時に不要になってしまう可能性があります。
理由があってパワーラックを設置できない場合やどうしても必要な場合を除き、避けておくのが無難です。

耐荷重について

器具の耐荷重については、余裕のある重量なのか限界のギリギリの重量なのか計測基準が不明で各社の基準で表示されているだけの可能性があり、必ずしも設定されている耐荷重が高い製品が低い製品よりも強度が高いというわけではないと思われます。
したがって、耐荷重は大まかな目安として参考程度にとどめておくのが良いのではないかと思われます。

強度が高い製品が必要な場合は、(シャフトであれば高重量対応製品と銘打たれたものなど)上位モデルを購入することをおすすめします。

高価な器具は何が違うのか

一般的に高価な器具の方が相応のコストをかけているため精度や強度が高くなります。
プレートについては、安いものは重量誤差が大きいようです。高価な製品の中には重量誤差が少ない製品が販売されているので、競技の練習等で使用する場合は誤差の少ないものが向いています。

ダンベルは何kgを購入すれば良いか

男性の場合、まずは60kgセット(30kgダンベル2個)がおすすめです。
その後は必要に応じてプレートを追加していくのが良いでしょう。

プレートとシャフトはどの製品でも組み合わせて使用できるのか

プレートとシャフトには複数の規格が存在し、通常、同一の規格であればどのプレートとシャフトでも組み合わせて使用することが出来ます。
とはいえ、床およびシャフトへの負担を考慮すると、床に接触するプレートは現在のプレートと同一のプレートを追加することが望ましいと言えます。

高重量のダンベルを作りたい

次の方法が考えられます。

・ロングシャフト等のスリーブの長いダンベルシャフトを使う
・薄いプレートを使う
・7.5kg等の重いプレートを使う

自宅でスクワットを行いたい

パワーラックやスクワットスタンドを使用することで、スクワットを行うことが出来ます。
どうしても設置することが難しい場合は、ヘックスバーを使ってスクワットを行う方法もあります。

握力が持たない

握力が足りずに種目をこなせない場合は、リストストラップやパワーグリップといった補助用品を使用する方法があります。

チンニングやディップスの際、自分の体重だけでは物足りない

加重用のディッピングベルトを使用する方法があります。

ダンベルベンチを行う際にスタートポジションまで上がらない

パワーフックを使用する方法が考えられます。
ただし、上部にフックを掛けておく器具が必要になります。

トレーニング器具はどうやって処分すれば良いか

自治体の業者に回収を依頼する方法やネット上のオークションやフリーマーケット、中古取り扱い業者等で売却する方法があります。
売却する場合は送料が高額になる場合も多いので注意してください。

こちらもおすすめ


楽天市場

2018年10月7日

Posted by WEIGHTTRAINING NOTE